比較して選ぼう

カードローンを利用する場合には、それぞれのカードローンのメリットやデメリットをしっかりと確認してから利用するようにしてください。カードローンは、展開している会社によって違いももちろんありますが、同じ会社が展開しているサービスの中でも利用できる場合と利用できない場合がありますので注意するようにしてください。

カードローンを利用する場合には、安心して利用できる業者を選ぶのが最低条件となります。銀行や消費者金融系のカードローンの会社には銀行だけでなくヤミ金と呼ばれるような悪徳業者も存在しておりますのでそういったトラブルの原因となるような会社を選ばない事が重要になります。これまでカードローンを利用した事がないという方は、知名度の高い大手のカードローンを使用する事をおすすめします

次に確認しておかなければいけないのが、金利の上限です。カードローンを利用する上でトータルの支払い額に影響してくるのがこの金利です。金利はどのカードローン会社でも同じというわけではなく、それぞれがギリギリの線を出して行っておりますので、それらをしっかりと確認した上で選ぶ事がポイントになります。複数の業者の金利を比較する場合には、なるべく下限金利ではなく上限金利を比較するのがポイントになります。

主婦でも申し込める

基本的にカードローンを利用する方は、会社員である事が最低条件となっておりました。しかし、近年では派遣社員の方はもちろん、パートタイマーやアルバイトの方にも、定期的に収入がある場合に限りカードローンの使用が可能になっております。しかし、ここ最近では、専業主婦の方でもカードローンを使用できるようになっていります。

主婦の方が主に利用しているのが、銀行系のカードローンです。なぜ銀行系の銀行カードローンなら主婦の方でも安心なのかというと、銀行系のカードローンは、総量規制の対象外となっているという事です。この総量規制とは、お金を返済出来ない人が多くなったために、1990年3月に借入申込み時に規制を設けて借りすぎを無くすために作られた制度の事で、こちらのよりカードローンは厳しい状況に陥りましたが、主婦の方は対象にはなっていなかった為、無収入の専業主婦だったとしてもカードローンが利用できるのです。

また、銀行系のカードローンの場合には、収入が全く無い専業主婦の方用に借入枠を少額に設定されている制度がありますので専業主婦の方でも安心して利用する事ができます。配偶者の同意書が必要ない場合もあり、ご家族に内緒で申し込めるカードもありますが、カードローンを利用する場合には、事前にご家族と話をするように心がけて下さい。

カードローンは手軽にできるようになった

カードローンを利用する人は、いまや10人に1人と言われる程、みなさんの日常生活の一部になっているのですが、一体どのような方が利用しているのかを気にした事があると思います。そこで調べてみると、やはり利用者で多いのが男性の方でした。特に40代や30代、50代などの働き盛りの男性が多くおよそ75パーセントにも及ぶ人数の方がカードローンを利用しておりました

カードローンを利用する理由は様々で、車を購入したり、家を購入するなどの高額な買い物をする時にはカードローンを利用される事が一般的ですし、趣味や娯楽の費用を捻出する為にカードローンを利用される方が増えて来ています。

カードローンを利用する方が増えてきた背景には、バブルの崩壊以降から続く不況のあおりによって経済的に厳しい方が多く、生活費の為に利用したり、大学の教科書代や入学費用などに利用される方なども増えており、景気に左右されているような状況になっております。また、景気以外の理由としては、カードローンを利用できる方の条件がかなり低くなっているという事も挙げられます。以前は会社員の方しかダメでしたが、今では専業主婦の方でも利用できるカードローンなども登場し話題になっております。

そこでこちらのページでは、これまでカードローンを利用した事がないという方の為に、主婦でも申し込めるカードローンやカードローンの選び方などの有益な情報をまとめてご紹介させて頂きますので、ぜひ参考にしてください。

【TOPIC】
キャッシング・消費者金融は新生銀行グループの【ノーローン】公式サイト